「ガラスの鎧」「カガミの甲冑」「ガラスの煌機」自転車のコーティング

サイクルワークスオオタキ「ガラスの鎧」でおなじみのクレスト4℃さんから研修修了証として
「ガラスの鎧 スリースター テクニカルショップ」 に 認定されております。

この認定証は「ガラスの鎧」 代理店がすべてがもらえるものではなく「ガラスの鎧」「カガミの甲冑」 の講義を修了し、なおかつ「カガミの甲冑」  を取り扱うショップしかいただけません。
「ガラスの鎧」「カガミの甲冑」を検討しているユーザー様は,安心して当店にお任せください。
0
当店で導入以来、大好評の「ガラスの鎧」

単なる保護ワックスのようなものではありません。本液をそのまま放置すると、なんと常温でガラス状に硬化します。

 

「ガラスの鎧」 は塗装表面をガラスコーティングすることで、傷がつきにくく汚れも落としやすくなります。オーバーホールやフレーム組みのお客様の殆どの方が施工しています。

当店では スリースター テクニカルショップの施工技術を習得し、「カガミの甲冑」 フレーム磨きの「ガラスの煌機」を導入。

「ガラスの鎧」 は、ガラスの構造分子ですので、酸性雨で塗装が劣化することはありません。
しかも、施工後は水弾きがとてもよく、汚れも付きにくくなります。また、汚れが付着してもほとんどの場合水洗いで落とすことが可能です。


 

「カガミの甲冑」  高い撥水力に加え、撥油性能をプラスした新しいタイプのボディコーティング剤です。コーティングされた塗装面は、超離形性の特性を持ち水性、油性の汚れを問わず汚れが剥がれやすい性質となります。また、超離形性の特性によって空気抵抗低減の効果も期待できます。

 

「ガラスの盾」 ・・・  「 ガラスの鎧」を施工した塗装表面は普段のメンテナンスに最適なコーティング剤です。

「ガラスの鎧」はショップでの施工のみになりますが「ガラスの」は硬化するタイプの強固なコート剤なのです。

塗膜表面が文字通りのガラスのように触るとキュッキュッといった感じです。Wコーテイングすることで、「ガラスの鎧」がさらに感動の輝きと驚くほどのツルツル感が得られます。

「ガラスの煌機」・・・ 「煌機(キラメキ)」は自転車用ポリッシャーを使用し、車体の小さなキズなどをとり表面を滑らかにします。

よくある、ワイヤーがフレームにすれて傷ついている部分も(程度にもよりますが)ピカピカになります。「ガラスの鎧」「カガミの甲冑」の施工前にするとより一層綺麗になります。

施工料金 (2022.9.16~価格改定)

※オーバーホール時に施工するとフレーム基本価格になりますので、お得になっております。

「ガラスの鎧」

固まるタイプの自転車専用クリスタルコート剤を自転車フレームにコーティングします。
 ※「ガラスの鎧」はクリスタルガラスに匹敵する表面硬度7H9H塗装面の約3倍の硬さ)になります。
(マットカラーもコーティング可能!!)

フレームセット 11,000円(税込)
完成車     14,300円(税込)   

  

「煌機」による(マシンポリシュ)鏡面研磨 +「ガラスの鎧」
完成車(OH時)27,500円 (通常)30,800円

「カガミの甲冑」

 シロキサン系の2液性ボディガラスコーティングで、ガラス被膜の上にフッ素皮膜を形成します。
 高い撥水力に加え、撥油性能、さらに空気抵抗低減効果をプラスした新しいタイプのボディコーティング剤を自転車フレームにコーティングします。
 (マットカラーもコーティング可能!!)


フレームセット   14,300円
  完成車(OH時)14,300円 (通常)17.600円

 煌機による(マシンポリシュ)鏡面研磨+「カガミの甲冑」
(OH時)27,500円 (通常)30,800円

・「ガラスの鎧」+「カガミの甲冑」のWコート

 自転車フレームにベースに「ガラスの鎧」をコーティングし、その上に「カガミの甲冑」をコーティングします。
  硬さだけは「ガラスの鎧」の方が優れるため「ガラスの鎧」の上に「カガミの甲冑」のWコートがオススメしております。

シロキサン系の2液性ボディガラスコーティングで、ガラス被膜の上にフッ素皮膜を形成します。
 高い撥水力に加え、撥油性能、さらに空気抵抗低減効果をプラスした新しいタイプのボディコーティング剤を自転車フレームにコーティングします。   

フレームセット 22,000円
   完成車(OH時)22.000円  (通常)25,300円
 
  煌機による(マシンポリシュ)鏡面研磨+「ガラスの鎧」+「カガミの甲冑」
 (OH時)35,200円  (通常)38,500円
  

・「煌機」による(マシンポリシュ)鏡面研磨 16,500円(税込)

自転車フレームに入ってしまったスリ傷や、また経年劣化によって傷んだフレームを自転車専用ポリッシャー「煌機」を使ってが磨き上げます。

※(全てのキズが取れるわけではなく、キズの深さにより取れ方が異なります。)

 ※車体もしくはフレームを持ち込みいただいてから約1週間~10日のお預かりとなります。

※新車でない自転車で洗車の必要がある場合は、洗車費用をいただきます。


よろしければシェアお願いします

2022年9月に投稿したサイクルワークスオオタキの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP