スペシャライズド ヴァンジ シリーズの価格・性能など情報まとめ!(s-works VENGE)

スペシャライズドでは、オールラウンダーなレース用ロードバイクとしてターマックが、石畳などの荒れた路面でのレースにルーベが、そして平坦スプリント用のロードバイクとしてVengeがリリースされています。

今回ご紹介するのは、平坦をとにかく速く走るために設計されたロードバイク、Vengeです。

 

Vengeシリーズの特徴は?

Vengeシリーズの特徴は、なんといっても細部にまでこだわって設計されたことによる空気抵抗の少なさです。

特にViASシステムが搭載されたモデルでは、ほとんどケーブル類が露出せず、ブレーキキャリパーについてもフレームの影になるように配置されているため、空気の抵抗が最小限となっています。

また、フレームそのものも風の巻き込みなどを防ぐ設計となっていますので、高速走行の際に車体の後ろにできる渦によって起こる後ろに引っ張られるような抵抗も殆ど感じることはないでしょう。

 

Vengeシリーズは2018年モデルとして3種類がリリースされているので、ここからは各モデルの特徴についてご紹介します。

 

 

Vengeシリーズの最上級モデル「S-WORKS VENGE ViAS DISC FRAMESET」

スペシャライズドでは、プロや上級者向けブランドとして「S-WORKS」というブランドが用意されています。

こちらのモデルは、VENGEのS-WORKS仕様で、プロやレースで活躍する上級者向けの製品です。

 

ケーブルは全て内蔵する設計となっているため、空気抵抗が少なく、また、スプリント向けモデルということで、フロント周りの剛性がターマックより3割程度強化されています。

ブレーキについては、今年から使用が認められたディスクブレーキを使用することができるのもポイントです。

もちろん、STIからディスクブレーキまでの配線についても全てフレーム内に内蔵できる仕様となっていますので、ケーブルの空気抵抗が気になることはないでしょう。

 

こちらはフレームのみの販売となり、定価は486,000円。

手持ちの機材を搭載しても良いですし、好みのコンポーネントやホイールを選んで組み上げるのもおすすめです。

 

 

ポジション調整が容易な「VENGE ViAS EXPERT DISC」

 

こちらのモデルは、ステムをViASではなく、従来タイプのものを使用した完成車です。

ViAS対応のステムは、内部にケーブルを通す設計となっているため、空力上は有利となりますが、ステムの角度や長さの変更が難しいですし、ハンドルも専用のものが必要です。

こちらのモデルは、ステムとハンドルに一般的な製品を使用しているため、交換が容易で、ライダーの体に合った調整が行いやすくなっています。

 

コンポーネントについては、シマノのアルテグラ R8000を使用。

フロントチェーンリングが52-36Tのノーマル、カセットスプロケットは11-30Tのワイドレシオとなっていますので、意外と登りもこなせるのも魅力です。

スプリント用ロードバイクということで、剛性は高めですが、乗り心地そのものはしなやかですので、レース以外にもロングライドも十分こなすことができるでしょう。

 

価格は税込で定価が540,000円です。

 

 

手ごろな価格でVENGEシリーズを楽しめる「VENGE ELITE」

こちらのモデルは、VENGEシリーズの中級者向けモデルとなります。

コンポーネントにはシマノの中級モデル、105を使用。

ステムやハンドルも汎用タイプのものが使われているので、体格に合わせたポジション調整が可能となっています。

 

また、ブレーキがリムブレーキ仕様ですので、入手しやすいリムブレーキ対応ホイールが使えるのも魅力です。

こちらのVENGE ELITEは、メンテナンスやカスタムが容易にも関わらず、VENGEシリーズの空力の良さと剛性を楽しめるモデル。

価格も完成車で313,200円とVENGEシリーズの中ではお手頃な価格帯ですので、平坦が速いロードバイクをお探しの方におすすめです。

 

 

今回ご紹介したVENGEシリーズに関するご相談、ご予約、その他スペシャライズド製品の取り寄せ、購入につきましては、こちらまでお気軽にお問い合わせください。

 

  • 〒369-0111
  • 埼玉県鴻巣市新新宿1-18-2
  • TEL:048-577-537

 

投稿者:ohtaki

トラックバックURL