バイクの選び方

メリダ スクルトゥーラ5000 の価格・性能など情報まとめ!(MERIDA SCULTURA5000)

レース向けモデルは、どうしても走行性能を重視して設計されているため、剛性が高く乗り心地自体はそこまで良いものではありません。 レースモデルそのものを比較した場合、製品によって乗心地の良さは変わってきますが、ロングライド向けや中級者向けモデルと比べるとやはり剛性が高く、乗り心地は堅 ...

≫ 記事の続きを読む

メリダ スクルトゥーラ6000 の価格・性能など情報まとめ!(MERIDA SCULTURA6000)

プロの世界では、ほぼ電動コンポーネントが導入されています。 電動コンポーネントはワイヤー式コンポーネントに比べて小さな操作で変速が可能になり、ワイヤーの張り方を気にする必要も無いため、どんな状況でも扱いやすく、セッティングも簡単です。 ただ、電動コンポーネントはバッテリーの充電を ...

≫ 記事の続きを読む

台風接近、王滝の大会は中止になり通常営業いたします!

今週末、セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝 クロスマウンテンバイク 9月16日(土)~17日(日)の大会は、残念ですが中止が決定しました。 台風は接近しますが店舗は通常営業しますので、修理・点検等承ります。   2018モデルの予約も受け付けいたします。 & ...

≫ 記事の続きを読む

メリダ スクルトゥーラ4100 の価格・性能など情報まとめ!(MERIDA SCULTURA

ブエルタ・ア・エスパーニャ2017も終わり、総合、ポイント賞、複合賞の3つをチームスカイのクリス・フルームが獲得するという結果に終わりました。 総合2位にはバーレーンメリダのヴィンツェンツォ・ニーバリがランクイン、フルームの強さが目立つここ数年のグランツールですが、ニバリも出場し ...

≫ 記事の続きを読む

メリダ スクルトゥーラTEAM-E の価格・性能など情報まとめ!(MERIDA SCULTURA TEAM-E)

ツールドフランスに引き続き、ブエルタ・ア・エスパーニャでも圧倒的な強さを見せ続けているチームスカイのクリス・フルーム。 そのフルームに今のところ唯一食らいつけているバーレーンメリダのニーバリが現在使用しているマシンがこちらのスクルトゥーラTEAM-Eです。   &nbs ...

≫ 記事の続きを読む

メリダ リアクト4000 の価格・性能など情報まとめ!(MERIDA REACTO4000)

今回はお手頃な価格で購入できるレプリカロードバイクのご紹介です。 プロツアーチームと同じカラーリングのフレームを手に入れたいと思っても、メーカーによっては最上位モデルのみのラインナップだったり、専用モデルのみとなっていることが多いのですが、MERIDAでは入手しやすい中級者向けモ ...

≫ 記事の続きを読む

メリダ リアクト5000 の価格・性能など情報まとめ!(MERIDA REACTO5000)

ロードバイク用のブレーキというと、シートポストの後ろにリアブレーキ用のキャリパーがあり、フロントはフォークの根元にキャリパーが設置されていると言うのが基本的なフレームの構造でした。 近年、空力を重視したフレームが設計されるようになり、一部のフレームではリアキャリパーの設置位置がB ...

≫ 記事の続きを読む

メリダ リアクト6000 の価格・性能など情報まとめ!(MERIDA REACTO6000)

ついこの間ツールドフランスが終わったと思ったら、いつの間にかブエルタ・ア・エスパーニャがはじまっていました。 なんだか日にちが経つのが早い気もしますが、昨日のブエルタ・ア・エスパーニャ第3ステージでは、バーレーンメリダのニーバリがアタック合戦を制してステージ勝利を収め、総合ジャー ...

≫ 記事の続きを読む

サイクルワークスオオタキ新店舗開店セール実施中!

日頃よりサイクルワークスオオタキをお引立ていただき誠にありがとうございます。 このたび新店舗開店を感謝して 「新店舗移転感謝セール」を開催中です。   バイクからアクセサリーまで、お買い得な品物を多数取りそろえてお待ちしております。   ※ 展示バイクは、在庫 ...

≫ 記事の続きを読む

メリダ リアクト8000 の価格・性能など情報まとめ!(MERIDA REACTO8000)

  新城選手も使用しているMERIDAの2018年モデルのリアクト8000は、前年モデルに比べて約340gの軽量化と、UCIの新しい規定に合わせたフレーム形状の見直しが行われています。 新しいリアクト8000の特徴と、細かい性能についてご紹介していきます。   新しいリ ...

≫ 記事の続きを読む

PAGE TOP