冬のサイクルグローブ

冬のスポーツ用のグローブ。例えばスノーボードやスキーのグローブは一見自転車用と似ていますが、自転車用のサイクルグローブは、ただ暖かく分厚いだけのグローブではいけません。

自転車の場合、ブレーキ操作と変速操作、ボトルを持ったりスピードメーターを操作したりと細かい操作ができなくてはなりませんし、ハンドルを握った状態で走り続けますので、かるくグーの状態で標準となるように作られています。
内側に自然に曲がっている指の形状に合わせ、ハンドルを握りやすくし、長時間のライディングでも疲れ難い使用感で、他のグローブに大きな差をつけています。
立体裁断というものです。

お勧めのrericの商品説明に記載してありますように、rericの商品は立体裁断で縫製されていますので、操作性はもちろんのこと、自転車に乗っている状態がベストになるよう工夫がされています。

 手首を固定するマジックテープがあるかないか?好みにもよりますが、マジックテープがあるほうが、手首にフィットしますし、付け外しもしやすくなります。●外面に防風透湿素材を採用し、風と冷えを防ぐ防寒仕様です。 ●手のひら側、指先、人差し指先の滑り止めで操作感を軽快にしています。 ●擦れやすい箇所を補強し、耐久性を確保しています。

 マジックテープがない場合はゴムバンドとなります。マジックテープの付け外しが必要ないので、すっとはめて、さっと外すことができます。●ストレッチ性起毛素材で、伸びがよく暖かです。 ●滑り止めを各部に配置、使い勝手に配慮しています。 ●擦れやすい箇所を補強して、耐久性を確保しています。

保温性については、推奨温度を示しています。0~12℃、8~16℃など、目安にしてみてください。

投稿者:ohtaki

トラックバックURL