スペシャライズド シヴシリーズの価格・性能など情報まとめ!(s-works SHIV)

トライアスロンでは、スイムの次にバイクを行い、最後にランでゴールとなります。

そのため、バイクではスイムで使った体力の回復を行いつつ、ランのために脚力をできる限り残さなければいけません。

つまり、バイクパートで使用する自転車は、できる限り体力を使わず、軽い力で速度が出せることが重要なのです。

 

スペシャライズドでは、トライアスロンのバイクパート専用のロードバイクもラインナップされています。

フレームの構造からボトルの配置、ライダーのポジションまで徹底的に負荷となる空気抵抗を削減する設計となっており、体への負担を抑えつつ十分なペースでバイクパートをこなせるのです。

今回は、スペシャライズドのトライアスロン用バイク、SHIVについてご紹介していきます。

 

 

S-WORKS SHIV MODULE

こちらはスペシャライズドの上級者向けシリーズ「S-WORKS」のトライアスロンバイクになります。

フレームとハンドル、前後の専用ブレーキキャリパー、ボトムブラケット、フロントフォーク、そしてフレーム一体型給水システムのセットとなっており、ホイールとコンポーネント、サドルは付属していません。

空気抵抗に大きく関わる部分のみの販売となっていますので、コンポーネントやサドル、ホイールは自分の好みやコースによって使い分けることができるため、よりバイクパートで攻めたいという方に向いています。

 

S-WORKS SHIV MODULEでは、エアロ形状フレームで大きな問題となる横風にも考慮した設計が施されており、コース上で横風が強い状況になってもある程度影響を抑えることができるのも特徴です。

また、給水システムも内臓されており、手元のチューブから直接補給を行うことができるため、走行中にポジションを崩してボトルを取り出す必要もありません。

走行中にボトルを取り出し、給水を行うと、ポジションの乱れによる速度の低下や、速度を維持するために余分な体力を使うことになってしまいます。

一体型の給水システムを持つSHIVなら、補給による体力の消耗すら抑えることができるため、よりランパートに向けた体力の温存ができるでしょう。

 

こちらのフレームセットの価格は、432,000円、ホイールやサドル、コンポーネントをお持ちなら、比較的安価に最上級のトライアスロン用バイクを手に入れることができるので、さらに高性能なトライアスロンバイクに乗り換えたいという方におすすめとなっています。

 

SHIV EXPERT

 

今までロードバイクを利用してトライアスロンに出場していたという方に是非おすすめしたいのがこちらの「SHIV EXPERT」です。

上位モデルのS-WORKS SHIV MODULEと同じ形状、同じ給水システムを搭載した完成車ですので、購入後にパーツを追加する必要がありません。

 

また、SHIVシリーズに搭載されている給水システムには、タンク上部に小さなストレージがセットになっており、内部に小型工具や補給食を入れておくことができます。

補給食などをテープでフレームに固定したり、小さなバッグに入れてフレームに取り付けておく場合に比べ、こちらのストレージなら空気抵抗の影響をより小さくでき、走りへの影響を抑えることができるでしょう。

 

搭載されているパーツについては、コンポーネントがShimanoアルテグラ8000、ギヤ比はフロントチェーンリングが52-36Tのノーマル、リヤが11-28Tとなっています。

平坦路向けのギヤ比となっていますが、リヤに28Tとやや軽めのギヤが取り付けられているため、ちょっとした登りでも十分こなすことができるでしょう。

 

価格は486,000円、トライアスロンのバイクパート専用とも言える構成のバイクとなっていますので、バイクパートのタイムを向上させたい方、ランパートへの影響をもっと減らしたいという方におすすめです。

 

 

SHIVシリーズに関するご相談、ご予約、その他スペシャライズド製品の取り寄せ、購入につきましては、こちらまでお気軽にお問い合わせください。

トライアスロン用品も取り扱っておりますので、ランシューズ、ウェットスーツの購入、ご相談も承っております。

 

  • 〒369-0111
  • 埼玉県鴻巣市新新宿1-18-2
  • TEL:048-577-537

 

 

投稿者:ohtaki

トラックバックURL