スペシャライズド ターマック コンプの価格・性能など情報まとめ!(s-works TARMAC MEN COMP)

ターマックと言えば、グランツールやクラシックなどのプロレースでおなじみのモデル名ですが、こちらのターマックコンプはターマックの中でも、中級者向けモデルとなります。

上位のターマックはレース専門の設計が施されており、乗り心地や操作性、剛性感についても乗り慣れているライダー向けの設定となっていますが、こちらのコンプは比較的大人しめの設定。

ロングライドでも体に負担がかからず、登りや平坦でペースを上げても思った通りに進む、素直なロードバイクとなっています。

 

ターマックコンプの特徴について

ターマックコンプのフレームは、1つ前のモデルであるSL5の金型を用いて作られています。

上位モデルのエキスパート以上のフレームは、2018年モデルとして新たに設計されたSL6フレームとなっており、空力や走行性能の向上が施されていますが、こちらのSL5モデルも昨年まではトップグレードで使われていた設計ですので、性能的に大きく見劣りするようなものではありません。

 

また、コンポーネントについては上位モデルのエキスパートと同じシマノのアルテグラ R8000が搭載されているのも特徴です。

ホイールは、こちらも同じROVALのリムを使用、アルミリムではありますが、前後で1500gと軽量ですので、十分過ぎる軽さとなっています。

 

乗り心地については、SL5は感覚的にはペダルを回しやすいフレームという感覚があり、乗り心地についてもスムース。

レース用のロードバイクというと剛性が高く、硬い乗り心地のものが多いのですが、SL5系フレームは乗り心地が相当良い印象があります。

また、コーナーリングについても狙ったとおりのコースをトレースできる素直なコントロール性となっており、初心者でも安心して下りや高速コーナーをこなせる作りです。

 

ただ、このSL5フレームは、のんびり走る分には穏やかで乗り心地の良い子という感じのフレームなのですが、レースペースというか出力を上げていくと急にペダルに剛性を感じるようになってきます。

例えば、登りをこなす場合などはペダリングの際にフレームがしなって力が逃げてしまうと、出力を余計に出さなければいけません。

フレームによってはこのしなりを利用して推進力に変えることができるものもあるのですが、無駄なしなりはない方が多少ペダリングが乱れても前に進む力に変換しやすいのです。

このフレームは、力を加えると剛性が変化するため、柔らかくて乗り心地が良いのに登りはスイスイ進み、疲労の蓄積が抑えられます。

 

とはいえ、はっきりを剛性の違いがわかるレベルとなると相当な出力が必要となりますので、普通に乗る分にはしなやかで芯のある乗り心地のバイクといったイメージになるかと思います。

 

 

ターマックコンプの販売価格は?

ターマックコンプの販売価格は、税込345,000円です。

カラー展開は、ブラック、ホワイトシルバー、チームイエローの3種類と比較的豊富。

 

全体的には素直で扱いやすいフレームと、安定のパーツの組み合わせでできたロードバイクですので、初めてカーボンバイクに乗られるという方や、ロードバイクそのものが初めてという方にもおすすめできる製品です。

 

また、コンプはサイズ展開の広さも特徴となっており、バイクサイズは49、52、54、56、58、61の6種類。

ターマックだと、49が身長152cmから163cm、52が163cmから170cm、54が170cmから175cm、56が175cmから180cmとなっており、58と61はさらに大きなサイズとなっています。

ターマックコンプは、幅広い体格の方に楽しんで頂けるロードバイクとなっていますので、フレームサイズの都合でロードバイク選びに困っているという方は、コンプを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

ターマックコンプに関するご相談、ご予約、その他スペシャライズド製品の取り寄せ、購入につきましては、こちらまでお気軽にお問い合わせください。

 

投稿者:ohtaki

トラックバックURL