メリダ スクルトゥーラ4100 の価格・性能など情報まとめ!(MERIDA SCULTURA4000)

ブエルタ・ア・エスパーニャやツールドフランスを見てロードバイクを初めたくなったという方にオススメな完成車をご紹介します。

ロードバイクといえば、上位モデルなどは30万円を超える製品も少なくなく、安価な製品では乗り心地が硬いアルミフレームが用いられているため、初心者には少し乗りづらい製品が多いのですが、MERIDAでは20万円を切る価格で初心者向けのカーボンバイクが用意されており、最初から気軽にカーボンバイクを楽しむことができるのです。

 

今回ご紹介するのは、そんな初心者向けでお手頃な価格の完成車、スクルトゥーラ4000です。

 

 

スクルトゥーラ4000の性能とは

上位モデルのスクルトゥーラ5000と同じCF2フレームにシマノの中級グレードコンポーネント、105を搭載したモデルがこちらのスクルトゥーラ4000です。

乗り心地の良さや操作性の素直さは上位モデルと同じく高い水準でまとまっているため、初心者でも楽に扱えるのが特徴。

また、レースモデルに比べてハンドル位置がやや高めに設計されていますので、前傾姿勢になれていない場合でも比較的楽なポジションを取ることができるのも魅力といえます。

 

価格は完成車で約199,000円。

カーボンフレームとShimano105コンポーネントの組み合わせを考えると破格ともいえる価格となっていますが、安価な分クランクはFSAのゴッサマーが使われている点には注意して下さい。

こちらのクランクは安価な完成車に多く用いられている製品で、シマノの純正クランクに比べるとやや性能が劣ると言われています。

実際のところ、そこまで性能に大きな違いはありませんので、普通に街乗りやロングライドで使う分には全く問題はありません。

 

シマノの105クランクは大体12,000円前後が相場となっていますので、どうしてもクランクが気になるという方は後から交換するという選択肢もあります。

上位モデルのスクルトゥーラ5000はクランクまでシマノのものが使われており、ホイールもスクルトゥーラ4000よりやや性能が良いものとなっていますので、後からカスタムするのが面倒という方は5000を、ロードバイクに慣れたらカスタムしたいという方や、コストパフォーマンスにこだわりたいという方は4000を選ぶと良いでしょう。

 

 

他のモデルにはないデザインも特徴

コストパフォーマンスに優れ、初心者から中級者まで幅広くおすすめできるスクルトゥーラ4000ですが、他の初心者向け、中級者向けモデルにはないメリットも用意されています。

それは、フレームのデザイン。

 

スクルトゥーラ4000には、プロサイクリングチーム、バーレーンメリダで使用されているロードバイクと同じカラーリングのものが用意されているため、新城幸也選手や2017ブエルタ・ア・エスパーニャ総合2位のヴィンツェンツォ・ニーバリ選手と同じカラーリングのロードバイクを安価に手に入れることができるのです。

安価なロードバイクの場合、デザイン面でもコストが削減されていることが多く、単色で大人しいデザインのものが比較的多くなっていますが、こちらはプロ仕様のカッコいいデザインのため、価格以上の見た目となっています。

 

安価で性能が良く、デザインもよいスクルトゥーラ4000。

初心者から中級者、これからロードバイクをはじめようという方、アルミフレームからカーボンフレームに乗り換えたいという方におすすめの製品です。

 

当店では、現在MERIDAの2018年モデルの予約を受け付けております。

新製品に関するお問い合わせ、ご予約については店頭または電話にてお気軽にお問い合わせください。

 

投稿者:ohtaki

トラックバックURL